• 旭川荘のおすすめ製品カタログサイト
  • お知らせ
  • イベント情報
  • 研修・セミナー
  • ボランティア募集
  • 製品情報
  • その他

職員採用

TOP > 採用情報 > 旭川荘への就職をお考えの皆様へ

旭川荘への就職をお考えの皆様へ 〜旭川荘のご紹介〜

 旭川荘の仕事、福祉の仕事に興味を持ってくださった皆様。
「旭川荘の名前を聞いたことはあるけれど、どんな事業をしているのか分からない」「重度の障害者をケアする、厳しい職場だと聞いた」等々、疑問もあるのではないでしょうか。
 旭川荘の事業概要はホームページの各所に掲載していますが、皆様のご理解の助けとなるよう、旭川荘の特徴を以下に解説します。

どんな重い障害の方でも、一人一人の個性を尊重し、丁寧にケアしています

 旭川荘は、重い身体障害・知的障害のある方や、要介護度の高い高齢者が多く利用されています。私たちが最も重視しているのは、どんなに重い障害でも、一人一人の個性を見極め、それに合った「オーダーメイド」の医療福祉サービスを提供すること。画一的なサービスに比べて職員の努力を要しますが、その分、利用者の人生の輝きも、職員のやりがいも大きくなります。
 その経験を活かして、医療的ケア児、重症心身障害、強度行動障害について、職員が講師となって他法人向けの研修(障害医療福祉セミナー等)を行うなど、地域全体のケアの向上を目指しています。

<旭川荘の理念>

 

医療と福祉を融合したサービスを提供しています

 今では当たり前になった「医療と福祉の連携」という概念。旭川荘は外科医・川ア祐宣が設立して以来、医療と福祉を融合したサービス提供を行ってきました。それは医療職と福祉職が協力・連携するだけにとどまらず、その人の人生全体を見て、医療も福祉も一体となって総合的にサービス提供することを意味しています。旭川荘内には障害者専門の医療機関があり、各施設にも医療職が配置・派遣されて、総合的な医療福祉サービスを提供しています。

 

常に開拓者として、制度のないところに道を作っています

 旭川荘は1956年設立。「知的障害も身体障害も児童も高齢者も共にケアする」「医療と福祉を一体的に提供する」という、当時としては画期的な総合医療福祉施設を目指して設立されました。
 まだ日本の障害者ケア体系が確立していない時代、職業訓練だけではない全人的教育の提供、施設入所だけではなく在宅障害者への訪問通所ケアなど、先進的な取組を進めました。そして1967年には県民運動による募金によって、日本で4番目となる重症心身障害児施設を設立。
 その後も重症心身障害児の通園事業が国の制度として取り入れられるなど、常に道なきところに道を作ってきました。 現在も、初代理事長の「現状維持は退歩である」を合言葉に、2017年に策定した「旭川荘10か年計画」もふまえて、新しい事業を創造し続けています。
 
<近年の新規事業(例)>
・知的障害者の学びの場「カレッジ旭川荘」の創設(2017年)
・重度障害者のための簡易的な人間ドックの開設(2019年)    
・医療的ケア児や重度の発達障害児を受け入れるひらたえがお保育園の開設(2019年)
・ダウン症の方(成人期や高齢期)のケアネットワークの構築(2019年(予定))
 
<旭川荘10か年計画>

 

研究活動や研修も充実しています

 旭川荘では、ケアの質の向上や職員間での成果の共有を目指して、職員の研究活動を奨励しており、年1回、荘内で学会発表の機会(旭川荘医療福祉学会)が設けられています。
  また、在職しながらの大学院通学や国家資格取得を支援する制度もあります。
  さらに、荘内外の研修にも職員を積極的に参加させ、資質の向上を図っています。荘内研修としては、職種別、職階別の研修や、人権研修、リスク管理研修、ハラスメント研修など、体系的な研修を行っており、常にスキルを磨くことができます。海外研修(短期・長期)の機会も多くあります。



欧米・アジアなどとの国際交流も盛んです

 先進的な医療福祉サービスを学ぶため、様々な形で欧米に職員を派遣し、成果を旭川荘のサービスに取り入れています。
 また、中国、韓国、タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジアなどアジア諸国との間でも、旭川荘の知見を伝え、相手国からも知識を得る「学びあい」の精神のもと、研修生・留学生の受け入れや現地での交流事業などを積極的に行っています。



常に地域への貢献を忘れません

 旭川荘は多くの地域に施設を設けていますが、単純な事業の拡大を目的としているわけではありません。重度の障害者等のケアなど「旭川荘ならでは」のサービスでお役に立てるよう、常に地域の人々や自治体などのニーズに対応しながら、サービスを展開しています。
 また、「社会貢献活動」にも従来から積極的に取り組んでいます。


職員を大事にする、女性が働きやすい職場です

 旭川荘の職員の人事制度は国家公務員の人事制度を参考に作られていますので、休暇の取得や給与水準・昇給などは十分に保障されています。もちろん残業手当など各種手当も規定どおりに受け取ることができます。
  職員募集には、医療職などの特別職を除き、分野の垣根を設けていません。国家資格がない方や、障害者・高齢者・児童のどの分野で自分が活躍できるか分からないという方でも応募することができます。就職後は職場の先輩が「プリセプター」として指導を行いますので、未経験の分野でも安心です。
  また、育児休業はもちろん、1時間単位の休暇取得、短時間勤務、事業所内保育所(ゆずりは保育園)などが整備されており、女性にも働きやすい職場です。
 なお、旭川荘は県内外各地に事業所を展開していますが、配属地については職員の意向を最大限に尊重しています。なお、岡山県高梁地域や愛媛県鬼北地域に限定して勤務したい方には、特定地域枠での就職の道を設けています。




いかがでしたか?旭川荘に興味を持たれた方は、ぜひお気軽に職場見学や説明会にお越しください。詳しくは採用ページまで。