ニュース一覧

先人顕彰施設「敬愛館」の竣工式開催

 旭川荘を創設し発展に尽力した川﨑祐宣先生(初代理事長)、江草安彦先生(第2代理事長)、堀川龍一先生(荘長)を顕彰する「敬愛館」が完成し、11月15日に竣工式を開催しました。

 式には関係者約100人が出席。末光茂理事長が「敬愛館では3先生の考えや歩み、人間形成に多くの影響を与えた人たちなども紹介している。直接声を聴くことはできないが、心の中で先生方と対話ができる場となるだろう」とあいさつした後、テープカットを行い、オープンを祝いました。

 敬愛館は、江草先生の執務室のあった旭川荘厚生専門学院4号館の2、3階(延べ318㎡)を改装。2階の「江草安彦記念室」は、江草先生の歩みと理念を写真や資料で解説。執務室を再現するとともに、愛用品なども展示しています。3階は「先人顕彰室」として3先生の業績とそれぞれの言葉をパネルで紹介。江草先生の蔵書約5000冊を閲覧できる「江草文庫」も設けました。

末光理事長あいさつ
テープカットの様子

館名板を揮毫した黒住宗晴氏(左)と末光理事長が除幕

敬愛館を見学する出席者
2016年11月17日